DIY

狭いキッチンを広くする🍳カラーボックス で自作キッチンカウンター 前編 〜おじの"ド"素人DIY奮闘記②〜

投稿日:

おじ
良い子の皆さん、こんにちわ❗️おじだよ‼️
もなか
何なの❓その気持ち悪い登場の仕方は❓
おじ
いや、ひねれって言われたから…
もなか
気色悪いから却下❗️もうちょっとマシなの考えなさい❗️
おじ
・・・(´・ω・`)

 

小学校の図工と中学の時の技術家庭くらいしかやったことのない、ど素人のおじが賃貸住宅でDIYに挑むシリーズ待望?の第2弾‼️

今回はキッチンカウンター作りに挑戦します❗️

スポンサーリンク




⚒賃貸のキッチンが激狭な件

現在のわが家のキッチン…

えみちゃん
狭すぎて、まな板置く場所もないの。・゚・(ノД`)・゚・。

シンクは流し台とカセットコンロ台の間にごくわずかなスペースしかなく、食器の水切り台を置いたらまな板を置くスペースもない状態です😢

なので野菜を切るときはダイニングテーブルを使っていますし、コンロは2口のIHのみで、もう一台持っているアムウェイのIHはなんと廊下の棚の上で使っている状態…

えみちゃん
もう狭すぎて、ただでさえ嫌いな料理がもっと嫌いになる…(´・ω・`)
おじ
うむ、こまったなぁ…

 

更に食器収納スペースもほとんどなく、食器がたくさんあるわが家には致命的な欠点でした

えみちゃん
お皿、しまう場所がない…

 

考えてみれば前の家は対面式のシステムキッチンでとても広かったので、そのギャップが激しく余計に狭く感じてしまいます💦

なんとか前と同じとまで行かなくても、もう少し広くできないかということで、今回自作のキッチンカウンターを作って、収納もできるなんちゃって対面式システムキッチンを作ろうと思い立ちました‼️

もなか
また素人のくせに随分難しそうなことに挑戦するじゃない… もうちょっと身の程をわきまえた方がいいと思うわよ…
おじ
ははは…

 

心配するもなちゃんをよそに、怖いもの知らずのど素人は突き進むのでした…

おじ
前進あるのみ❗️
おはぎ
進め〜‼️ぼくに続け〜‼️
もなか
・・・🤢

 

⚒カラーボックスを組み立てる

まずカラーボックスを2個用意します💡

高さがちょうど良いのでニトリのカラーボックスを購入💰

 

カラーボックス は収納のことを考えて2種類用意しました💡

カラーボックスの組み立ては説明書どおりに普通に組み立てました💡

真ん中にゴミ箱を配置して、大体の配置を決めます

 

⚒天板の板とベニヤ板を購入

カラーボックスの間のゴミ箱を入れるスペースを350mm(35cm)にして、メジャーで全体の大きさを計り、用意する材料を決めます💡

今回必要なのは、

天板
350mm×1213mm×18mm

角材
90mm×350mm×18mm 3本

ベニヤ板
878mm×1213mm×4mm
300mm×1213mm×4mm

 

木材といえばホームセンターということで、近くのホームセンターへ🚙

余談ですが、何と家から徒歩5分、車で1分のところにホームセンターがあり、非常に助かります♪

おじ
こりゃもう、神様がDIYしろって言ってるようなもんだ😍
もなか
何バカなこと言ってんのよ…😓

 

家の近くにあるホームセンターでは木材の直線カットを1カット30円でしてくれます💡

DIYの最大のハードルって、「自宅でノコギリで木を切るとか無理だよ😢」ってことじゃないかと思います❗️

そのハードルを1カット30円でお店でできるなんて…

おじ
素晴らしい‼️😍
もなか
まぁ、確かに家で木材を切らなくていいなら楽ね💡

 

というわけで、

じゃ〜ん‼️

ちなみにもとはこんな板です💡

今回天板として買った板は400mm×1820mm×18mmで天板の大きさにカットすると、かなりの部分が余ることになります💦

この残りの部分から他の部品も取れれば、カット代はかかるが、板の値段は1枚分で済みます💡

なので、今回キッチンカウンターの補強に使う角材をこの木材から切り出してもらうことにしました❗️

 

というわけで、最終的に木材は4600円の板1枚、980円のベニヤ2枚、合計8カット240円で締めて6800円でした💸

これにカラーボックス代1100円+1800円も合わせると、純粋な材料費は9700円程度でした💡

ここにワックスやビス(木ネジ)、紙やすりなどの消耗品を合わせても1万5000円以内には余裕で収まるくらいなので、キッチンカウンターとしては格安な値段になります‼️

もなか
そりゃあ安いかもしれないけど、問題は出来栄えがどうかじゃない❗️
おじ
ええ、おっしゃるとおり💦

スポンサーリンク




⚒カラーボックス と角材、ベニヤで骨組みを作る

まず買ってきたカラーボックスを補強用の角材で連結します💡

ここはボンドでちょちょいっと…

乾いたら、そのまま起こして…

 

・・・

 

バキッ!

 

おじ
あ…Σ(・∀・;)
おはぎ
なんだぁ、すごい音がしたぞお❗

 

おはぎ
やっちゃったね、おじ…
おじ
早速失敗した…(・∀・;)
もなか
だから、言わんこっちゃない(;´Д`)

 

さすがにあんな狭い面積のボンドだけでは、弱すぎて立ち上げることすらできなかった…

その反省を活かし、ベニヤも使って、瞬間接着剤で貼り付けてみた💡

乾いてから、2人でそぉ〜っと立ち上げると、今度はなんとか立ち上がった❗

おはぎ
やったじゃん、おじ❗

 

で、今度は天板の下地にするベニヤを貼る💡

ベニヤが反ってこないように、天板の板と鍋などをおいて、乾くまで待つ⏰

 

現時点での見た目はこんな感じ…

後面のベニヤむき出しなので、なんか寂しい見た目だけど、天板が乗るとそれっぽく見えるようになった❗

おじ
なんかキッチンカウンターっぽいものになってきたぞ♫

 

でもさすがに、接着剤で貼り合わせただけでは、強度に不安があるので、ビス(木ネジ)を使って固定をした💡

ビス止めって何やらハードルが高そうに思えるが、意外と道具さえあれば簡単にできました♫

用意するのは電動ドリル兼ドライバー!

安いけど、結構しっかりしていて、ド素人のDIYにはちょうどいい(・∀・)イイ!!

ドライバーにもなるので、市販の組み立て家具を作るときにも使えて便利です😊

 

あとは、当然ビス(木ネジ)が必要になるのですが、長さいっぱいあり、どれを購入すればよいか悩み、店員さんに質問してみた💡

おじ
あの、例えば4mmのベニヤと18mmの板を固定するのに、どれくらいの長さのビスが良いですか❓

「だいたい合計の暑さの2/3程度の長さで十分ですよ💡16mm程度のビスで良いと思います」

 

ド素人DIYの鉄則は、わからんことは聞く❗だと思います(笑)

ホームセンターの店員さんはプロなので、聞けばいろいろ丁寧に教えてくれる方多いです♫

 

というわけで、準備ができたので、ビス打ちです❗

まずはビスより細いドリルで下穴を開けておきます。

 

下穴にドライバーでビスを打ち込みます

あとはこの繰り返しで、カラーボックス4隅と中段くらいのところと補強の角材の4隅にベニヤ側からビスを打ちます💡

 

同じ要領で天板の下地のベニヤにもビス打ち❗

 

おじ
よし、カウンターの土台は完成したぞ❗
おはぎ
やるなぁ、おじ❗

 

⚒天板の塗装(BRIWAXのラスティックパインを使用)

買ったばっかりの無垢材は白っぽい、THE 木材という感じの質感です

このままだと、いかにも自作のキッチンカウンターという雰囲気になってしまうので、ちょっとヴィンテージっぽい雰囲気を出すために塗装します💡

 

まずはカットしたばっかりの板は角が尖っているので、#80のヤスリで角を取ります❗️

ちなみにヤスリの#は数字が小さいほど目が荒く、大きいほど目が細かくなります💡

 

次に塗装する面を#120→#240の順にやすりがけします。やすりがけは木目の向きに沿って行うのが基本です💡

 

表面の木屑を取ります

 

ちなみに、作業はベランダにブルーシートを敷いてやっていましたが…

やはり現場監督のもなかさんが目を光らせる…

もなか
あら、あんなところで❗️あたしが見てないと、なにしでかすかわかんないんだから😾

 

もなか
ちゃんとサボらずやってるんでしょうね❓
おじ
が、頑張ってますよ❗️

 

おはぎ
僕も来たよ❗️

 

やすりがけが終わったら、早速ワックスを塗っていく

今回使うのが、DIYのブログを見ているとみんなが使っている、BRIWAX

これを塗るだけで無垢材がいい具合にヴィンテージ風になるという優れもの

 

ものはこんな感じ…

 

塗るときは食器洗い用のスポンジを使うのがお良いです💡

スポンジで満遍なく擦り込むイメージでゴシゴシ塗ります💡

1度塗ったら乾燥させて、表面を#240や#400のやすりでヤスリがけします

BRIWAXは2−3回塗ると、ヴィンテージ感が出て、色むらもなくなってきます♪

工程をまとめると、

①#120→#240のやすりがけ
②BRIWAX塗装 1回目→乾燥(30分くらい)
③#240やすりがけ
④BRIWAX塗装 2回目→乾燥(30分くらい)
⑤#400やすりがけ
⑥BRIWAX塗装3回目→乾燥(30分くらい)
⑦#400やすりがけ

全体でだいたい2時間くらいとちょっと大変な作業ですが、色合いがだんだんヴィンテージ風になってくる感じとか、表面がヤスリで綺麗になっていく感じは結構楽しくて病みつきになります(笑)

2人で作業をしましたが、黙々と時間を忘れて作業をしていて、全く辛くなかったです

えみちゃん
え、もう2時間たってたんだ💡
おじ
楽しくて時間を忘れてたぞ(´∀`*)
おはぎ
じ〜・・・(#・∀・)ぼくのカリカリ、忘れてないよね❓

おじ
あ…(・∀・;)
えみちゃん
あ…(・∀・;)

 

そんなわけで、出来上がった天板❗

角を削ったところにステインが濃く入って、これはこれでアンティークっぽくていい感じ(・∀・)イイ!!

 

もなかさんの厳しい審査でも一発合格となりました❗

もなか
よく磨けてるじゃない❗気に入ったわ♫

スポンサーリンク




⚒前編まとめ 

おじ
じゃじゃ〜ん‼️

天板は最後に固定するので養生テープで仮固定

あとは背面と側面に壁紙を貼り付けて完成❗️というところまで来ました♪

 

そんなわけで、8割完成したキッチンカウンターに浮かれまくる…

おじ
いやぁ、やっぱりやれば出来るもんだなぁ(*´∀`*)
えみちゃん
おじ、おつかれ❗
おじ
よし、今日はワインでも飲もう🍷乾杯だ〜(*´∀`*)

と、そこでまさかの問題発覚‼️

 

おじ
あ、ワインが1滴たれてしまった^^;
えみちゃん
はい、布巾
おじ
おや… おやおやぁ…( ;´Д`)

なんとついてすぐに拭いたのに、ワインのシミがとれない💦

それどころか水滴のシミまでつく始末…

 

おじ
こんなんじゃ、キッチンカウンターになんか使えないぞ…(; ゚д゚)アポーン
えみちゃん
え、塗装したから大丈夫じゃないの❓(´・ω・`)

慌てて調べてみる…

オイルステイン→木目を活かしつつ色をつける、木材の保護効果は低い

 

な、なんだと…( ゚д゚)

 

これは、DIYやっている人には常識なのかもしれませんが、オイルステインは木材に染み込む塗料で、表面はコーティングされないため、汚れや水分からの木材保護効果はありません

 

木材を汚れや水分から守るためには、塗膜を作る塗料、つまりニスなどを使わないといけないらしいです

 

おじ
全く知らんかった…
もなか
まぁ、ひとつ勉強になったじゃない…

DIYの常識も、ズブの素人は知るはずもなく・・・

おじ
ま、まだ傷は浅い💦こんなの失敗のうちに入らないぞ❗ヽ(`Д´)ノウワァ〜ン
おはぎ
そういうの、"ひらきなおり"って言うんだよ

 

というわけで、前編はここまで❗

実はこれを書いている現在、まだキッチンカウンター完成していないのです(笑)

というのも、現在壁紙取り寄せ中で、それが来ないと完成できないという…(・∀・;)

おじは失敗を乗り越えることができたのか⁉️キッチンカウンターは完成したのか⁉️

おじ
後編をご期待ください‼️
おはぎ
気長に待っててねぇ〜♪

 

↓本日のDIYで使ったもの💡

人気ブログランキングバナー

器のまとめ    レシピのまとめ

1日1ぽちで順位が上がる!ブログランキングに参加中!

人気ブログランキング

🐈ちりつも生活(2018.5.13)
ちりつも生活の記事はこちら!
2018.1月ポイ活成果はこちら!
2018.2月ポイ活成果はこちら!
2018.3月ポイ活成果はこちら!
2018.4月ポイ活成果はこちら!

💰貯金
🐖365日貯金・・・20,090円
🐖500円玉貯金・・・25,000円

💰お小遣いサイト
🌸げん玉
今月:6,617pt(=661円)
今まで:18,601

🌸マクロミル
今月:718pt(=718円)
今まで:7,930

🌸ポイントタウン
今月:12,947pt(=647円)
今まで:5,580

🌸モッピー
今月:5,253pt=5,253円
今まで:13,659

🌸ハピタス
今月:358pt(=358円)
5/9 3,200円分換金申請済
今まで:4,329

ちりつもやってみたい!という方は⬇︎から
げん玉

マクロミル
アンケートモニター登録

ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

ハピタス
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス







関連コンテンツ



-DIY

Copyright© もなかとおはぎ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.